オフィス

オフィスに最適な事務机の選び方|作業効率を向上させる秘訣

B工事の内容

笑顔の男の人

オフィス内の内装工事を行なうなら、工事区分を正しく理解しておきましょう。オフィスの内装工事には「A工事」、「B工事」、「C工事」というように3つに区分することが出来ます。区分によって内装工事の費用を負担する対象者が変わるのでしっかりと確認しておくことが大切です。

まずA工事を行なう場合、工事費用の負担者はビルのオーナーになります。そして施工はオーナーに指定された施工業者が担当します。工事を行なう箇所としてはビルの構造躯体、エレベーターやエスカレーターといった共用設備、ビルの各フロアのトイレや専有部分と共用部分とを分ける扉などが対象になります。またB工事ではフロアを借りる側が費用を負担します。そして施工業者はビルのオーナーが指定します。B工事ではフロアを借りている側が希望した内容の工事を行なうことが可能です。そしてC工事では費用の負担、施工業者の指定の両方を借りる側が行なうことが出来ます。こちらでは、専有部分の内装仕上げ、電話線やLANケーブルといった各種配線工事を行ないます。

A工事やB工事、C工事を行なう上で気を付けておきたいのが、これらの区分はビルによって異なるということでしょう。つまり借りていたビルの工事区分の内容が、新しく借りるビルでは通用しないことがあるということです。そのため、オフィス内の内装工事を行なう際は、工事区分の内容を契約前に確認しておかないと痛い目を見ることになるので、しっかりとチェックしておきましょう。